スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

Teacher’s Night

??-26

アメリカでは夏休みの最終週にTeacher's Nightというイベントがあります。
これは要は担任の先生との顔合わせの日。
学区内の公立ではミドルとエレメンタリー、同じ日にあって午後4時から7時の間に
行かなければいけません。
ミドルは事前に各教科の1週間の時間割と各担任の先生の名前が記載されたものを
もらっていて各教科の先生のお部屋に挨拶にまわります。
アメリカらしくまるで自分の部屋のように家族の写真を置いてる先生、トロフィーを
飾っている先生が待っています。MATHの先生は『SEX AND THE CITY』にでてくる
サマンサみたいな派手な先生で教壇にすわって足組んで『はぁ〜い!』みたいな(笑)
オーケストラの先生も映画にでてきそうなキャラで一人演技みたいな・・・。
娘は各教科の時間ごとに次の授業の部屋を探すのが大変でよくまいごになったと
言ってます。
ほんとに迷うんです。なんせ、広い敷地に平屋で全ての教室を作ってるのだから。
ハイスクールになったらもう一つ生徒は大変らしい。専攻科目がふえるので
ほんとに部屋をぐるぐるぐるぐる。
これって効率いいのか悪いのか?ま、先生は待っておけば生徒がやってくるので
楽なんだろうけど各時間の全生徒を覚えておかなければいけないことになるので
大変だと思うのですが。
そんなわけで来週から学校がやっとこさ、始まります!
初日からランチもあって普通に授業。もちろん、始業式などという制度はありません。

??-27

ここが食堂。少しの日本人の友人たちが唯一集まれる場所。みんな各教科の時間が
バラバラだからほっと一息できるランチタイムです。
ミドルのHPにランチ代を適当に半年分とかチャージしておくと子供は自分のIDを言って
買うことができるシステムになっています。
中学とは思えない学校生活で羨ましいです。

??-28

何回来ても覚えられない・・・
ここは中庭。部活はテニスをすることにしていますが期間限定で来年の4月から6月
だけできるようです。それまでは習い事でテニスを始める予定。
友人の子はクロスカントリーでもう始まっています。
4月から6月までの2ヶ月でかなり英語をがんばった長女。
これからはそれを活かしてもっと話せるように、来年は英検受けにニューヨーク行ったり
楽しみですワ〜♪(母)

??-29

さて、そのあとに次女のエレメンタリーへ。
エレメンタリーは夏休み前に担任が決まる。入学の時に日系の先生を希望したので
もちろん、その方が担任になってくれた。4月から6月の間、にっこり微笑んでくれていた
先生。もちろん、日本語はほんの少し知ってらっしゃる程度だけどなんとなく安心する。
日本が好きというのがわかるような先生なので娘も顔みただけですっと楽になったみたい。
学校に入った瞬間、仲良しの米人ちゃんが寄ってきてくれて『夏休み楽しかった?』とか
『また一緒だね』とかアルプス一万尺したり、微笑ましかったです。

??-30

エレメンタリーは自分の担任の部屋に入り、先生に挨拶し、机に名前を貼って書類を
受け取って帰ります。机はお友達が私の前にして〜と言ってくれてそこに決定。
親はサインして名前書いてアドレス書いて各イベントのお手伝いができる人は書き込んで
いました。ハロウィン、クリスマス、バレンタインなど私は書き込まなかった。
残念ながら、自信なくて。
書類も本当はその場で書いて出すのだけど先生にこれらの書類は学校が始まる初日に
持って来ていいか?と聞けたのが精一杯(笑)
次女は全く日本人一人なので本当にこの1年勝負だと思います。

二人とも、頑張ってね、英語・・・と母は言うだけ。
ママも頑張ってよと言われてますが・・・ねぇ。一応、いろいろ通うけどね。
ま、期待しないで待っていてほしい。



スポンサーサイト
2012-08-30 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

Antique Market

??-10

私の住む街から1時間もかからない北西に進んだ辺りにALLEGANという街があります。
ここのある場所で毎月最終日の日曜に開催されているアンティークマーケットに家族で
行ってきました。
京都の弘法の市などを思い出させるような大規模なものでした。
基本、アメリカのアンティークはあんまり好みではないですが探せばきっと掘り出し物が
あるはず・・・
大人のみ一人4ドルの入場料いりました。馬鹿でかい駐車場代は無料。
市の通りを車で渡りましたがかなりの規模に大興奮です!

着いた途端、スイッチ入りました、私。
ただ、他3名はお腹がすいたもよう・・・。ちっ

??-11

アンティークの瓶はあちこちで見かけました。
昔、いくつか集めてたけど日本の倉庫に置いてきた・・・
もう、見てるだけで充分かな。

??-8

陶器の容器シリーズ。これはこちらでは保存用に使っているもの。
花器として使ったり、棚に並べたり、実際にバターやオリーブ入れたりと
用途は多数。結構、いい値段していたので見てただけ・・・

??-9

アルファベットのコレ、なんざんしょ?
直径30cm以上あるので庭の飾りとか暖炉の上に置いたりするんでしょうか?
ブリキで箱型にして溶接してあった。
買っている人いた。

この日はまた戻ってしまった暑いミシガンの時の気温で歩いているだけでも
立ちくらみしそうだった。
こんな広い敷地だから太陽をさえぎるものもなく・・・。
けれど、見応え充分。見ているだけで楽しい、やっぱりアメリカっておもしろいね。
スイッチ入ったら全部見てまわりたい人 ←私
何人かお友達や知り合いに出会ったけどきっと私が一番、まわれたんじゃないかしら?
さすがの私も足が痛かった(笑)
そして結局、さほどアンティークとは関係ないものゲットしました。

IMG_1073.png

これは古いものを利用してラッピングの時に使うクラフト小物。
リボンの古めかしい色がGood!!
茶色い袋とかにこれをアレンジしてラッピングしてつけてプレゼントしたりするんですよ。
なかなか可愛い店で引き寄せられるように入店した店。
麻ひもなんかもたくさんあってfurattoとしては久しぶりにみた材料(笑)

IMG_1077.png

あと、こんな素敵なチャイム(風鈴またはベル)発見!
スプーンとフォークで作ってある♪
これは唯一のアンティークモノ。
結構、素敵な音色で早速、玄関ドアにつけてみました。

IMG_1080.png

玄関ドアは2重なので外側の透明のドアのTOPに取り付け♪
外側から見たら可愛いの。
ただ、背の高い人(主人とか)はグサッと頭にささらないように気をつけて
もらいたい(笑)





2012-08-28 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

Air Ballon Show

??-20


先日から1週間近く、バルーンのイベントをしていてたまに空を見上げると
バルーンを見かけたりしていました。
土曜日、最終のショーがあると聞いて友人家族と会場まで出かけました。
ダウンタウンの先にある会場で意外とこじんまりした感じではあったけど
屋台やバンジージャンプなどお祭りのようになってました。
中央部はバルーンが来るからとアーミー姿の警備員に言われ隅っこにシートを
敷いて見学。独立記念日でみた気球の倍以上はある大きさだったのでどんなイベントに
なるか楽しみでした。

??-19

いつあったのか調べてないけど2012年、World Champion Ship 世界大会が
あったようで日本からも5名ほど参加していたようです。
その内容の説明やパイロットの紹介やらのブースも設けられてました。

??-12

さぁさ、そろそろ始まりますよ。
意外と大きいね・・・と期待大で待ち遠しい私たち。
娘達5名はバンジーしたりドル紙幣持って屋台行ったり好き勝手してました(笑)

??-13

この会場はKCCと言って『ケロッグ・コミュニティーセンター』。
ケロッグはあのコーンフレークの会社なんだけどこのバルーンのなかにケロッグ社のは
なくライバル社のPOSTのシュガーベアバルーンがいたりする。
その辺はどういうことなのかよく分からないけどとりあえず・・・
少し起き上がってきましたよ。そろそろかな。

??-14

何カ所かにトラックが停まりどんどんバルーンをふくらませ、燃料をいれていきます。

??-15

子供に人気のPOST社の『シュガーベアー』ちゃんふくらんできましたよ。

??-16

まぬけ面でこっち見た(笑)

??-17

そして風の向くまま、飛んでった!いってらっしゃ〜い♪

??-18

燃料を入れる時ってかなりの重労働。3人掛かりでバルーンを押さえて
風船部にひもがあり押さえる役目の人もいる。
浮かぶ瞬間、パイロットはパッと乗り込みいざ、空へ・・・

??-22

この最もアメリカらしいバルーンは結局穴があいてたのか、やめてました。
もうすぐ日没・・・

??-23

日没後はバルーンのライトアップショーです。これが見ものなんです。
はじめて、ひとつのバルーンがライトアップした瞬間です。
歓声!!wo〜w!

??-24

綺麗でしょ。ここでそれぞれのバルーンのパイロットサイン入りカードが配られたり、
子供を乗せてみてくれたり。
ここまでなるのに相当な時間かかってます。
『せいの!』みたいな号令かけるアナウンスが何度かあったのだけど全員のタイミング
が合わず(それか別に合わせてないかも)、なかなか同時にライトアップせず。

??-25

ほんとにほんとの最後にライトアップ、ほぼ成功♪♪
ま、手前のはできてないけど(汗)主人曰く『これがアメリカ〜』
一番、良く撮れた写真です。
なかなか、こんなイベント経験できないのでとても新鮮で妙に楽しんでいた私。

こんな雰囲気、なんか最高にいいな〜♡と思ったのでありました。
アメリカンドック(こちらではコーンドック)がこれまた美味しかったのもGood!


??-21

iPhoneですべて撮影♪













2012-08-27 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

Driver's License 〜written examination〜

6f3e88fcee0511e18dfa22000a1cbb1d_6.jpg

ずっと気の重かったこと。
アメリカでの免許取得・・・
久しぶりに頭を使ったここ最近のこと。
国際免許で日頃は道路標識を意識しながら走り、過去の参考を元に
声をあげて覚える!フィートやインチ、マイルの距離換算も覚えたり。
40問の3択試験は日本語なので2問間違いで無事クリア。
標識の10問テストは英文3択で一瞬青ざめたけど英語ダメな私でも
なんとか2問間違いでクリア。
現在、ホッとしてます(笑)
実技は一応、自信はあるのだけど通訳ないとこまる・・・。
何かと運転免許があれば・・・と思うこと多数あるのでこの勢いにのって
早く取得したい。
そして、堂々とフリーウェーを運転したいワ♪
2012-08-25 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

mental

??-6

ここ、1週間ちょっとしたごはんで済ませてしまってます。
足りない栄養もあるかと思うけど母が持たせてくれた梅干しがあったら
ケアできたような気がします。

わりと普通に作った晩ご飯を見て『これでも晩ご飯!』とよく母は言ってました。
ほんとだったらもっとちゃんと作れるけど今日は仕方ないのと母なりの
言い訳セリフだろうと思います。子供の頃はあまりお腹がすかなくて母の栄養満点の
料理が食べれなかった私。いつも『こんなに作らなくていいのに・・・』と
思ってました。
結構ハードな外仕事から帰ってきても晩ご飯の時間よりも料理の内容を重視していた母。
遅くなってもまだ作るの?と今度はみそ汁を作り出す。
今はそんな母の姿を思い出して今日の晩ご飯のメニューは最低なもの。
そう、『これでも晩ご飯』の日です。でも母のように仕事してるわけでなく・・そこが
私のダメなところですが。
今の私の役目は娘達に私の母のようにどんな時でもきちんと栄養を考えて作るごはんを
だすこと。これは娘達がでていくまで続けなければならない重大な役目です。
そしたら、きっと私のように、*やっぱりちゃんとしたの作ろ*と重い腰をあげることに
なるはず(笑)でもがんばりすぎても疲れるので『これでも晩ご飯!』の日もちょくちょく
登場させないと。

2012-08-23 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

Air Balloon

IMG_1067.png

晩ご飯を食べてる夜7時半すぎのこと、また何やら空にいますよ。

IMG_1071.png

『あ、気球だ!』

また何か催しがあるようなことは知ってたので・・・
今回はなんだか気球の柄がカラフルです。

IMG_1069.png

見てたらどんどんその数数十個以上・・・
結構近い場所に来ていて大きい。

IMG_1070.png

最近、過ごしやすい日々のミシガン。
晴天のなか、気持ち良さそうです。

今日は長女の学校のレジストへ行ってきました。もちろん、英語のできる友人と共に。
毎年、こんなことしないといけないんだ・・・。
事前に届いた書類にサインして提出し、様々な手続きを順にこなしていくようになっている。
ミドルは子供達がMathやその他の教科の先生の教室へ移動し授業を受けることになっている。
そして、ホームルーム担任がいない。
月曜から金曜まで1限目から終了時までずっと時間割が決まっていて1限目が終わる
ごとに次の教科の先生の教室へぞろぞろ歩いていくという感じ。
子供達はせわしないね。
カウンセラー室があったりもする。
もうすぐ新学期かー。なんだか気が重い・・・(私だけ)


4e876d08eba911e1b3f322000a1e8899_5.jpg

でもこの1年で娘達はぐんと変わるだろうなぁ




2012-08-22 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

a debut

IMG_1066.png

ずっと使い勝手の悪いスマホを使っていたのですがこの度、主人が折角やしと
iPhone 4sを買い与えてくれました。
出先で調べたいことなどがこちらでは多く、なかなかインターネット回線がスムーズに
いかず、使えたためしがなかったスマホ。

週末、何も予定のない今日は朝からずっと格闘中(なかなか使いこなせない)。
ようやくFBもこれでできる。(いままではわざわざMacBookで操作)。
instagramのアプリもFBを通して再び仲良くなった短大時代の友人に教えてもらい
ただいま、かなりハマっています。

4a32c56cea1a11e183fd123138106140_5.jpg


とうとう夏が終わったようなミシガン
朝露がバックヤードの芝にキラリと光るようになってきた。
もう、こちらは冬支度をそろそろという感じ。
残り少ない夏休みは新学期に向けてレジストしたりteacher's nightというのがあって
担任の先生に会ったり、ロッカーの確認に行ったりいろいろと手続きがあるようです。

3ヶ月の夏休み、いろんな体験させてバッタバタしてたけど充実していました。
あっという間だった。
さてさて秋からの計画も綿密に・・・充実させないと!
2012-08-20 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

WINGS

??-2

最近、近くに新しいお店がオープンした。
『BUFFALO WILD WINGS』
チェーン店だけどこの辺ではなかったな・・・。
だから私は初めて見るお店。
補習校の昼は結構、外食が多く本日は新しモン好きなので入ってみることに。

その名の通り、ウイングの店なのでアメリカ東部の主食だろうと思う。
店内は昼間っからビール飲んでこんなスポーツ番組のテレビがたくさんディスプレイ。
普段、寂れたモール内に出来たのだけどここだけワイワイ賑わって活気づいてる。
ちょっとそれだけで嬉しかった。
ほんとに普段、危ないくらい人っ気ないとこだったから・・・

??-3


これはガーリック風味のマッシュルームのフライにブルーチーズソース付きと
SAMPLERというメニューでナチョスやチキンウイング(辛いソース付き)、オニオンリング、それと
モッツァレラチーズのフライのセット。

私は腹ぺこでして美味しくてたくさん平らげてしまった。
主人は基本、アメ食無理なようで小食。
ここはたくさん食べれる女同士で行くのが一番ね。


ただ、アメ食づいてるな。

ずいぶん、肌寒くなってきた夏が終わったようなミシガン。
部屋でルームランナーかな・・・

2012-08-19 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

Research

IMG_20120817_120342.png

今日から補習校の新学期
3ヶ月の長い休みの現地校にさらに補習校も休みとなると長すぎる!
やっと始まる〜と娘達は嬉しそう。
早速、私は友人とランチへ・・・
私の住むエリアは田舎だから新規開拓の余地ないか・・・と諦めていたのだけど
超グルメな人が足繁く通ったと聞いて行ったお店。
店構えは至って普通・・・というかアメリカ的食堂?っぽい店内。
ちょっと半信半疑で入ってみる。
もちろん、決まってドリンクのオーダーがくるのでwater twoと頼むと持ってきた
コップが使い捨て用のスチロールカップ。
おもしろいね・・・からのスタート。
ちゃんとお店あるのにちゃんとした食器使わないのかね・・・
ま、こんなことは日常茶飯事なアメリカ。
何がオススメだっけ?
それ忘れた・・・と友人。
・・・。
とりあえず、お勧めっぽいのをオーダー。
『 MOUSAKA 』というメニュー。
グリークと書いてあったのでギリシャ料理らしい。
サラダにメインはコレ。ラザニアみたいな・・・。あとナンみたいなのとライス。

コレが大ヒット!!
とーっても美味しい!サラダのグリークドレッシングも作り方教えてほしいくらい
大好きな味。
もちろん、お皿は紙皿。

期間限定の店じゃないですよ(笑)

IMG_20120817_120415.png

こんなメニュー。
ちょっと食べ過ぎた・・・
でもリピ間違いなしですね。
2012-08-18 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

Antique

IMG_20120812_122228.png

Hollandといえばオランダ料理。ネットで検索してみると老舗のオランダ料理の
店があるということでランチはそこに・・・
店内は『ふーん』至って普通のアメリカンな感じにオランダを感じさせる絵画が
飾ってある。
メニューもオムレット、ハンバーガー、ラップなどアメリカンな感じ。
味も思いっきり普通で期待したのにちょっとガックリ。
ずっと良い調子で美味しい店を開拓し続けていたから余計がっくし。
でも、同じ建物のなかにアンティークの倉庫があり覗いてみることにした。
他3人は『まただ・・・。時間がかかる』と私の趣味につきあわない。
でも、せっかくきたので入ってみると意外に所狭しとたくさんのアンティークが
並んであり、かなり見応えあった。
アメリカのファイヤーキングやパイレックスなどには全く興味がないけど
古い瓶や家庭で使われてた雑貨類やカメラ・ファニチャーなどはやっぱりかわいい。
端から順に見て回るのだけど結構日本で高くて断念したものや欲しかったものなどが
あったりして楽しい時間だった。倉庫のわりにディスプレイも凝ってて楽しい。
こんな感じの書斎だったのかとか食卓の風景が目に浮かぶようなテーブルセッティング。

IMG_20120812_133014.png

デ−ンとずっしり感の良いテーブル。今、これくらいのテーブルが欲しいので見入るけど
持って帰れないからなぁ・・・

IMG_20120812_133626.png

仕事用のテーブル。パタンと開けれるようになっててこんなタイプは初めて見た。

IMG_20120812_133652.png

テーブルの先の古いカメラ達に釘付け。
古い写真や切手、ポストカードなどもたくさんあってコレクターはたまらんだろうね。

IMG_20120812_133609.png

古いオルガンもさもどこかの家に置いてるまま抜き出てきたかのようなディスプレイ。

IMG_1057.png

そして買ったのが中央の小さいガラス蓋付きのチーズ用カッティングケース。
日本でこれ作ってる作家さんのが欲しかったのだけど手に入れる機会がないまま。
だけどこんなにそっくりな(こっちが本物か)の発見。
良い感じに木も古くなっていて、だけど古すぎない感じで使えると思い購入。
そしてたったの15ドル。

IMG_1054.png

チェア用マットがずっと欲しくて探していて、自分で作ったりもしたのですが
良いモノになかなか出会えなかった。
これは一目見て即決。色違い、あちこちの古いチェアに敷いてあったの見つけ出し
なんとか4つ探し出せた。たぶん、この4つしかなかったはず・・・
これも一枚8ドル!
やっぱり安くないと掘り出し物を見つけた!感がでないもんね。
近くにまだまだあるアンティークマーケット。
次はアレガンの大きなアンティークマーケットに行ってみたい。








2012-08-17 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

HOLLAND & MICHIGAN LAKE

IMG_0993.png

週末の晴れた日曜日、ミシガン湖に行こうということになる。そういや、
シカゴ側(イリノイ州)からミシガン湖を見たことはあるがミシガン州側からの
湖を見ていなかった。
せっかく、近くに住んでいるのに・・・ついつい遠い場所へ行ってしまう。
その前にHollandという街へ行く。
そのナの通りオランダのような雰囲気の場所があるという。
風車があったり、オランダの木靴を履いた人がいたり・・・
ちょっとした観光場所。
小さなとこだったけど景色が綺麗でのんびりできました。

IMG_0995.png

オランダオルガンですって。
奏でる音楽がかわいらしい。オランダってこんな感じかぁ・・・

IMG_0997.png

気持ちよく歩ける散歩道

IMG_1001.png

風車はやっぱりこの国の代表するものですから・・・
上まで上がれて・・・結構高いのです。

IMG_1014.png

オランダに関するお店がずらり。というかこれだけ?
小さな観光地(笑)


IMG_1019.png

オランダの木靴やさん、発見。

かわいいサイズもありました。
履いてみたけど意外に歩きやすいよ。

IMG_1012.png

こじんまりしたとこだったけど散歩するにはいいとこでした。
花が綺麗。きっとチューリップ時は見ものだったでしょう。
時期はずれだったけどそれなりに綺麗にされてて楽しめました。

IMG_1023.png

そしてミシガン湖へ・・・

近くでは湖水浴してる人、釣りしてる人、キャンピングカーがいっぱい停まっている
のできっとBBQしたり、別荘ある人もいるんじゃないかな・・・
たくさんの人で賑わっていた。

波が少々荒く、カモメがとび、貝殻なしの砂浜・・・
海との違いは香りと色。
やっぱり湖は深いグリーン色してた。

IMG_1043.png

結構、たくさんの人が湖水浴してました。
暑い日にくればよかったけど本日、かなり肌寒い・・・。
さすがの米人さんもタオルにくるまってる人たくさんいたな(笑)
もちろん、浸かってる人いた・・・すごい。
私らは足だけ・・・冷たいけど砂が気持ちよいらしく娘達は楽しんでました。
私はビニールシートにすわり・・・『あー、ビーチ用の椅子がいるなぁ』とか思いながら
まったりしておりました。

IMG_1045.png

ミシガン湖が一望できるお家なんて高いだろうなぁ・・・
サンフランシスコの時も思ったけど、優雅で贅沢な人生だろうなぁ。

IMG_1044.png

あれ、かわいい♪

IMG_1033.png

だいぶ、涼しくなったミシガン。
急にまた寒くなるんじゃないかとドキドキします。
ほんと極端なので気温差にびっくりする。

また、来年かなー。
次は泳ぎに来ようかね〜。









2012-08-13 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

handwork

IMG_0963.png

ミシン♪
ここはクロスものを作り上げるスペース。
当時のミシンがとても良い雰囲気で足踏みのところも凝った作り。
下に敷いてある裂き織りマットももちろん彼らの手づくり品。

IMG_0962.png

かつて糸巻きスタンドを作っていた私たちだけれどもミシン後ろの糸巻きスタンド
のような素敵なものはなかなか思いつかなかったなー。
よくよく見ると針刺しがとってもかわいいのです。

IMG_0969.png

こんなに立派な織り機がある。
コットンの木が傍にありました。触り心地もよく柔らかいものでした。

IMG_0971.png

こちらは裂き織りのコーナー。
自分たちが着古したクロス(服)を裂いて丁寧に織っていくのだそう。
大きな素敵なマットに変身し、そしてまた生活品として長く使う。
さりげなく彼らがすわっている椅子はすべてサイドチェア。

IMG_0968.png

とっても素敵な柄。
手の方はカラーの糸1本と白の糸1本を交互に通すだけ。
あとは足踏みがいくつかあり、それがこんな綺麗な模様を作り出す。
端っこはとても丁寧にしなければ形が歪む。
work shopもあるらしく近くだったら是非習いたい!!

IMG_0972.png

黄色の柄もいいなー、パープルのも凝ってて素敵と目が釘付けです。
糸巻きもひとつひとつなんとなく形が違ってて雰囲気でてる。

IMG_0960.png

羊毛紡ぎです。地道な作業だけれども丁寧に細く紡いでいきます。
キッチンクロスなどを作っているようです。
そうそう、これが彼らの当時の服。皆、この衣装で統一。

IMG_0961.png

紡ぐ前の羊毛が入ったかご。
彼らが敷いている裂き織りマットの色合いもかなり好み

IMG_0956.png

washroom&pressroom
このクロスかけ欲しかったなー。
置いてあるもの、見るもの全てが理想とする道具・そして空間。

IMG_0959.png

当時のアイロン
すごーい!と思いました。かなり熱そうだけれども・・・

あまりにも素敵!好み!オシャレ!と私が興奮して喜ぶもんだから(笑)連れてきてくれた
友人家族はすごく喜んでくれた。

”  こういうのを外国で見たかったんだー!! ”

アメリカにきてこんなに早く実現するとは!!

日常の生活から生まれたモノたちだけれどもこんなに魅力的なものを作り出した彼らを
ほんと、尊敬します。

ずっと受け継がれていってほしいなーと思います。











2012-08-11 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

simplify

IMG_0941.png

見渡す限り、草原が広がっている。
穏やかな地で簡素な暮らしを豊かに思い生活してきた彼らのモノヅクリは
無駄のないシンプルなもの。
それがこんなに魅力あるものになっていることは彼らは気づいているのでしょうか?

IMG_0952.png

カラーバリエも豊富なオーバルボックス。
全てのサイズを積み上げていくとはるかに背の高い男性より高いのです。

IMG_0953.png

基になる木型
窓際にもたくさんの型が雰囲気よく飾られていました。

IMG_0949.png

かつてのシェーカー教徒が使った、使い込まれたアンティークのオーバルボックス。
今回、一番コレが欲しかった(笑)
やはり、人の手によって使い込まれた道具はかなり魅力的。

IMG_0951.png

作業場で働く人
ひとつひとつ、丁寧に木を扱う、この一枚の薄っぺらい木を曲線にする細かい作業。
継ぎ手の部分はスワロウテイルと呼ぶのだそう。部材はお湯につけて曲線にするんだって。
小さい銅の釘もみせてもらった。これでとめるんだよ。
機能的にも色々考えられた美しい出来栄えのオーバルボックス。
これが実用的な生活必需品だったなんて素敵。
真似したい。。。

IMG_0946.png

次に入ったのはこれはホウキですな?
い草の懐かしいような畳の匂いに一堂、心休まる。

IMG_0955.png

立つよ。直立よ。すごい職人魂!

IMG_0947.png

これもいいなー。ディスプレイするだけでも絵になる。

IMG_0936.png

お昼はダイニングでランチを予約してくれていました。
ここのファニチャーが実際に使われていてとても素敵でした。
壁面にフックがあり、サイドチェアがさかさまにひっかけられている姿、かわいかった。
こんな雰囲気の良い場所でもちろん、ファームで採れたての野菜をふんだんに使った料理です。

IMG_0937.png

アメリカのレストランはわりと最初に付きだしのようなものがでてくる(日本の居酒屋のような)。
ここのはコールスロー最高でした。優しい味・・・
パンも温かくてやわらかくてきちんと手づくりなのがわかる。
ほんと美味しい♪

IMG_0940.png

私のオーダーのキッシュプレート。
大きいから食べれるかなーと思いきや、なんと優しい美味しい味で完食。
通された部屋以外の部屋も少し感じが違ってどこも素敵だったからもっと見たかった。
床の木の音がいいなー。
落ち着いたトーンの館内に光が差して・・・こんな雰囲気の場所で味わえて大満足でした。

そしてまだある見て回れるところ。
充実してるなーと嬉しくなる。













2012-08-10 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

Around the village

IMG_0917.png

Map片手にシェーカー・ヴィレッジを廻る。
かつてのシェーカー教徒たちが共同生活をしてきた暮らしの様子を見る。
ここはダイニング風景。トレードマークの帽子が掛けてある。
質素な生活だったろうから必要最低限の食事も心がけていたと思う。
必要になれば作業場で作る→使う→作るの繰り返しだったんだろな。
まさに好みの原点がここにあって鳥肌が立つ。
真似できない暮らしだったろうけど興味深い。

IMG_0907.png

ここは寝室。クロス類(身につけるもの・布類全て)も綿の木から、羊毛から
作り上げていく。
ろうそくを灯す台もシェーカーのオリジナルのもの。
ハンガーも特徴ある。

IMG_0908.png

少し学年の大きい子供か大人の書斎といったところだろうか。
これがサイドチェア。オーバルボックスと並んで日本でもよく知られている。
もちろん、座面の編み込みも彼らが作る徹底ぶり。
光の取り方も必要な分だけ・・・

IMG_0909.png

履くもの(靴下)の形の木型。型くずれしないようにしていたのだろうか。
できるだけ長く使うことを心がけていたんだね。

IMG_0910.png

着用していた当時の服。この藍色がいい。となりのかごはきっとクロス類を持ち運ぶ
ための入れ物。麦わら帽子を折りたたんだようなもの。
子供達の学習机がある。ここで学んでいたよう。
とってもかわいい椅子。

IMG_0913.png

素敵なライト。
地下室です。キッチンや作業場になっている。『食べる』に関するスペース。
ほんのり光がもれる品の良い明るさのランプに木の床のきしむ音がひびく・・・

IMG_0921.png

これも手づくり。
素敵だなー。


IMG_0914.png

何かの作業場がいくつかある。よく働く彼ら。
ハーブなども乾燥させて薬草代わりに使っていたのでしょうか?
たくさん干してあった。

IMG_0931.png

IMG_0915.png

彼らの生活必需品として使っていたこれらの道具、全てどれも魅力的です!
なんでも作れるものはじぶんたちで造る精神!

素晴らしい考えです。

IMG_0925.png

これ、トイレ。なのにかわいい。
サイドチェアで統一されているこだわり・・・
使用後はふたを閉める。

IMG_0932.png

靴も作るよ!
この靴型、昔欲しかった(笑)
道具がかなり本格的で作業しやすいだろうな。

ほんと、どれをとっても好み。

IMG_0918.png

モノヅクリにこだわる彼らの共同生活はとても魅力的なものである。
時を経て、使い込まれたその道具たちは素敵なアンティークとして現在変化している。
当時からパーフェクトなモノヅクリをしていたのに感動した。


さてさて、まだまだ紹介するものあります。

『手は仕事に・・・』

重みのある深い言葉です。













2012-08-09 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

shaker village of pleasant hill

IMG_0943.png

渡米前にたくさんの雑誌を処分していた時、きっと読み返すだろう本やどうしても
捨てられない本はやっぱり持っていこうと決めて詰めてきたなかにここのことが
載っている雑誌がある。
行けたら行こうとその時は思っていたけどまだ見ぬ未知の世界のことだったから
当時はなんとなく頭の片隅みにおさめていただけ。
今、またひっぱりだしてきて『ここに行ってきたんだねー』としみじみ、感慨深いものがある。

日本では木工作家の井藤さんが作られているオーバルボックス。
とても手に届かない存在だった。
でも、ここに来てシェーカー教徒のことをふれることができてそして、オーバルボックスの
パーフェクトな物作りに納得。

1736年、教祖のアン・リーがイギリスからアメリカに渡り共同体で集団生活を始める。
『シェーカー』とは身体を揺らして礼拝する姿から名付けられる。
男女は別々に暮らし、結婚は禁止、平等と秩序を尊重した。
48歳でアン・リーはこの世を去るが信者が受け継ぎ、その後、衰退していって
1992年に亡くなった教徒が最後だという説もあるが現在、メイン州に3人の教徒が共同生活
を続けている。

ここ、プレザント・ヒルはシェーカー教徒が生活していた場所。
このオーバルボックスに必要最低限の私物を入れていたらしい。
そこが現在、博物館になっていたり、彼らの生活様式を知ることができる場となっている。

穏やかで朽ちた煉瓦の建物がとても雰囲気良くて彼らの簡素で優美な生活が伝わってくる。

IMG_0893.png

ここはオーバルボックスなどのクラフトショップになっている。
建物がどれも可愛い。
前日、お世話になった主人の友人家族とともに1日ここで過ごした。

IMG_0897.png

Map片手に建物によって展示や工房が分かれている。
宿泊施設があったり、work shopがあったり。
工房はオーバルボックス、裂き織り、羊毛紡ぎ、当時の洗濯方法や彼らの生活スタイルが
紹介されている。

教祖、アン・リーの遺した言葉『手は仕事に、心は神に』

IMG_0898.png

IMG_0901.png

IMG_0900.png

ちょうどこの日、場内でクラフトフェアが開催されていた。
まさに長野の松本クラフトフェアの縮小版みたいなのがやっていてこれまた盛り上がる。
生演奏をやってたり、牛がいたり、クラフトの市もあってなんか懐かしい〜この感じ。
オーバルボックスのアンティーク市とかもあるようでそこに行きたい!!
無理だね・・・ケンタッキーはそう簡単に行けないし。
でも、ここで見ているだけでも楽しい当時のアンティークの数々が見れて大満足だった。


IMG_0906.png

なだらかな丘の上にあるシェーカー・ヴィレッジ。
軽く丘への道をくねくね曲がって走り、その間、広大な敷地に馬が放されていたり、素敵な優雅な家が
建っていたりそれはそれはすばらしい所だった。

(続く)







2012-08-08 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

Lexington

IMG_0881.png
OHIO・Cincinnati(オハイオ州シンシナティ)付近

週末を利用して初めての長距離ドライブ旅行をした。
ほとんどのフリーウェーはスピードリミット時速120km規制でほぼ渋滞なし・
5時間ほどの場所に位置するケンタッキー州レキシントンへ向かう。
レキシントンは主人の友人が住んでいて招待してもらったのだ。

金曜の昼すぎ、1時半出発!
一度、休憩をとり、夕食はオハイオ州のDaytonまで3、4時間ほど。

IMG_20120803_194008.png

主人が予約してくれていた。HPで見ると良い雰囲気。
フランス料理がベースとなっているお店でまたもや女性シェフの仕切る店。
嬉しい予感的中♪店の前の駐車スペースはほぼ高級車が勢揃い。
味の分かる人が集まってるはず。

IMG_20120803_190004.png

久しぶりにサンフランシスコを思い出したほどのすばらしい料理で大満足。
主人はビーフ、私はチキン、長女はホタテ、次女はスープをオーダー。

IMG_20120803_190019.png

私のこのチキンが最高の味付け。
ペロッと完食です。あまりにも美味しいのでデザートまで運ぶことに。

IMG_20120803_192434.png

クレームブリュレ♪
なんかご無沙汰だなー。
出だしのスタートが良くてなんだかいいことありそうな予感。


そう、いいことあったんです。

そしてまた3時間ほどのケンタッキー州レキシントンまでめざしますよ。

IMG_0882.png

そろそろ陽が落ちる頃・・・
キレイだなー
長距離ドライブの醍醐味を味わいましたよ。

州の境の看板発見!

IMG_0885.png


そしてレキシントンのホテルに到着した時間は夜9時半。
感想は意外と近い気がする・・・。

レキシントンの街はまず、道路が綺麗。車も高級車や状態の良い車ばかり。
我が街のさびさびおんぼろ車をいつまでも乗ってるところとはえらい違いだ。
そして、競馬の街だから馬主さんも多く存在する地域ということだし赤煉瓦作りの
立派な建物が多かった。都会だけど治安も良いと思う。

主人が折角なのでと屋外・屋内にプールがついたホテルを予約してくれたので
次の日の夕方までは家族でのんびりホテルで過ごした。
ホテルはキングサイズのベッドが2つ、大きなダイニングテーブルまでついていた。
ゆっくりできそう・・・
次の日は早速、家族で水着に着替え、プールへLet'go!!!
ホテル内えらくクーラーが効いてて室内のプールは温水でなかったのでさぶっ。
結局、日焼け止めなしで炎天下のなか屋外プールで過ごす(汗)。
お昼は屋外プール内で軽食食べ、またすぐ泳ぐ!
この夏、はじめてプールで遊べた娘達。
やっぱり一番楽しかったようだ。

夕方、主人の友人宅へ向かう。20分ほどの閑静な住宅街。
同じ頃にお互い結婚していて私も結婚式の2次会に呼んでもらったご夫婦。

その後、彼らはドイツで5年、日本で5年、アメリカで4年目を迎えるそう。
ここは南部にあたるのでかなり暑い夕方だったけどバーベキューでもてなして
下さった。炭火で焼かれたリブステーキ、ソーセージ、とうもろこし、焼きおにぎり。
それ以外にも色々美味しいもの用意して下さって食べる食べる(笑)
ただいま、バーベキューコンロが欲しい我が家。
やっぱりガスよりコレかな・・・肉の味がやっぱり全然違う!
お話させてもらうのは私ははじめてだったけどとても気の合う(同じ匂いがする)奥様。
やっぱりあちこち旅されていてその話を聞くのも楽しかった。
フロリダ旅行は一緒に行こうとまで盛り上がり、今後楽しみ♪
だから帰国長引くといいなーと勝手に思っている。

そしていいこと♪。
コの字型大型キッチンの隅に積み上げられたシェーカーBOXを見つけた。
『いいですよね。オーバルボックス好きなんです。』って話をすると
オーバルボックスのことを知ってる私にびっくり。
すると、なんとここから30分ほどの場所に工房やらダイニング、ショップがある
シェーカー・ヴィレッジがあるとのこと。
詳しくは天然生活2008・APRに木工作家の井藤さんがシェーカーの地を訪れていたページがある。
なんとなく当時の記事ではニューヨークの上の方だったと思い込んでた私。
どんどんシェーカー教徒が南下していってケンタッキー州のプレザント・ヒルにも共同体が
できたらしい。
まさかの展開にオーバルボックスの存在を身近に感じる。
そして、次の日、
まさにそこへ行くことになった!









2012-08-07 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

Mount Fuji

IMG_0880.png

furattoメンバーが初めての富士登山をした。
登頂時の写メを送ってくれた。
登頂した2人の笑顔が素敵だった。
ここに自分がいないのが悲しいけど、
こんなにつらい最中に標高2305メートルにある五合目簡易郵便局から
この葉書をだしてくれた。2人のつらかったコメント入りで。
この歳で日本一の登山計画は無謀だと思ったけど達成できるなんてすごいね。
そしてそんな素晴らしい場所からはるばるミシガンまでやってきたこの葉書は
ほんと大事にします♪
参加できるようになるまでルームランナーで足腰鍛えよ。




IMG_20120802_091236.png


IMG_20120802_122131.png

エアコンがやっと直った。というかやっと取り替えてもらった。
ここまで長い時間がかかった。
ようやく効いたけどそろそろ涼しくなる模様・・・
我が家は陽当たりが良く熱がこもって一日中暑い・・・
2階はほんとに居てられなく娘達のベッドマットを1階に移動。
ダイニングテーブルを移動させたりシーリングファンをまわし続けたり・・・
苦労した暑さ対策。

もうしばらく暑いミシガンでいてもらいたい。






2012-08-03 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

Happy Hour

IMG_0879.png
ブルーベリースコーンでしょ

IMG_20120801_203628.png
ブルーベリーアイスでしょ

IMG_20120801_154108.png

そしてブルーベリーシフォン♪

バケツ1杯のブルーベリーでしたがほぼ使い切りました。
ブルーベリーに関してはかなりレパートリーの幅も広くあっという間だった。
どれもブルーベリーの良さが引き出しててくれてる。最高♡
毎日、ドライバーの私に目にも良い!からか疲れてない!(と思う)



ここ最近は長女がハイスクールでラーニング、次女が英語の勉強をしてくれる施設に入り
なんだか大忙し。同じ道をくるくるくるくる走っています。
相変わらず、塾の時のような縦列駐車も継続中・・・

IMG_20120801_130608.png

次女の通ってる施設での一コマ。
やどかりにペインティング(笑)
夏休み中あちこちのチャーチで1週間程度のイベントをされていたがここが一番良かった。
なんせ、英語の勉強をさせてくれるし、日本人がいない。
英語で物語を作るなどあって段落をちゃんと考えて書くように・・・なんて指示をしてくれたり。
そして、お昼ごはん付きでもちろん無料。しかも3週間あるのです。
なにせ、あと1ヶ月で次女以外日本人はいない小学校が始まる。
少しは会話できるようになっていてもらいたい。
常に英語にふれておかないと・・・
こういったイベントはほんと有り難い話。

来年も絶対入れよう!

2012-08-02 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム

プロフィール

furatto  Sachi

Author:furatto Sachi
ようこそ!furattoです。

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。