スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

Historic

IMG_20120726_202346.png

誕生日に連れて行ってもらった我が家からは30分ほどのマーシャル地区。
結構な歴史ある場所になっていて古い建物が軒を連ねている。
散策しながらじっくりまわりたかったけど娘達がお腹いっぱいで帰りたいモード。
ちょっと急ぎ足で見るはめに・・・

IMG_20120726_202519.png

IMG_20120726_202426.png

IMG_20120726_203031.png

IMG_20120726_203639.png

IMG_20120726_203514.png

IMG_20120726_203445.png

IMG_20120726_203314.png

装飾部がなんとも言えず・・・あとレターBOXなんかも雰囲気あるなぁ。
建具も良い古さ・・・。
何年に建てられたものか年号が外壁に貼ってある。
のどかで静かで何もないところだけどこういった場所はいつまでも残しておいてもらいたい。

一度、友人とゆっくり来ることにしよう!




スポンサーサイト
2012-07-31 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

Blueberries

IMG_0876.png

何もない週末の午前中ははりきってフレッシュなブルーベリーパイを作った。
ブルーベリーそのものが美味しくないとなかなか気が進まないお菓子。
もぎたての大粒を揃えて丁寧に作ってみた。
特にパイ生地とクリーム生地は慎重に・・・。
サンフランシスコで買った持ちやすいマグカップに珈琲を淹れてブランチに・・最高♪

IMG_0870.png

お菓子作りが好きになったのは小学生の誕生日に父がお菓子作りの漫画本を買ってくれたのが
きっかけ。とにかくはまったクッキー作り。
漫画のストーリーもこの世界に入りたい!ほど憧れた。
週に何度も作るので母が材料がすぐ減ると文句言ってたのを思い出す。
中学生になりこの本では物足りなくなりnon-noのお菓子全集みたいなのを買った。
今度はシフォンケーキとマシュマロにはまる。
この時、はじめてブルーベリーを使う。ブルーベリーシフォンケーキは大作だった。
外側のデコレーションもホイップにブルーベリーを混ぜてしたから綺麗な紫色になり
ブルーベリーを上側に置いて。このケーキは母がすごいびっくりしてた。
それからパタっとしなくなったけど結婚を機にまた再開。
パンの資格をとったり、お菓子は好きなタイプの本を買ってよく作ったもんだ。
アメリカに来ておかし作りの材料があまりにも安くてまたよく作るようになる。
こちらでアメリカンベーキングのディプロマを取得した松之助のオーナー平野さん
みたいに学びたいとも思うが英語がねぇ・・・

パイ生地は簡単ですがいまいちこの家のオーブンの温度が把握できてなくガスに慣れてる
私は電気じゃちょっと不満です。だからちょっと温度設定を高くしたり時間をのばしたりが
必要。まぁまぁな焼き具合でしたかな?

IMG_0869.png

カスタードは先に卵黄と砂糖とコーンスターチを混ぜておいて温めたミルクを注いでから
火にかけると上手くできる。電子レンジですべてやる方法や最初から鍋でやるのもあるけど
これが一番成功率高い。
そして、ポイップを分量より少し少なめにカスタードと混ぜてクリーミーな甘さにしました。

IMG_0873.png

見た目重視なのでブルーベリーは1個づつ向きを考え並べていく。
最後にほんとはゼラチンをかけると本格的なのだけど粉糖で仕上げに入ります。
冷蔵庫で少し味を馴染ませると最高に美味しくできます♪

IMG_0867.png

小粒はジャムにしました。ジャムというよりソース。
あまり煮詰めないようにするのがコツ。

まだまだあるブルーベリーたち。
残るはマフィンやスコーンにしましょうか?



2012-07-30 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

U-PICK

IMG_20120727_094748.png

3ヶ月の長い夏休み

とまどうことなく前半、できる限りの予定を入れて朝から晩まで動いた。
送迎ばかりで目が疲れることもしばしば・・・
でも、だらんと家でじっとしてるのが性に合わないので満足いく前半の夏を過ごした。
そして後半、一時帰国の友人たちが帰ってきてまた楽しい毎日になるでしょう。

仲の良いグループでブルーベリー狩り(UーPICK)へLet'go♪です。
30分ほど南下した辺りにあるブルーベリー農園。季節ごとに旬のものがU-PICKできます。
苺の季節から行きたいねと話してたのだけどなかなか予定が合わず、季節はブルーベリーに
なりました。滋賀にも有名なブルーベリー狩りをするところがあるのですが結局行かず仕舞
だったので行きたくてむずむず・・・。
ようやくその機会が訪れたわけです!
車3台で大人5人、子供12人!!
こじんまりした農園でしたが初心者にはちょうど良い広さだったかも。
途中、カラッと晴れて眩しいほどでしたが気持ちのよい気温で楽しめました。
どういうのが美味しいのか、食べながらPICKしてバケツに入れます。

IMG_20120727_095427.png

大きいのも小ぶりのものも木によって味が違った。
大きいからといって甘いわけでなく濃い色だからと熟した甘さでもなく吟味するのが
結構難しかった。時間が経つにつれ、面倒くさくなったりして(笑)一つの木のを
集中してPICKしたり・・・
我が家3人分は結構な量でした。量り売りで値段が決まる。もちろん、すごい安さ!

IMG_0865.png

でーん♡

帰ってから大振り(ブルーベリーパイ用)のとジャム用、破棄のものとに分けるのが
一番大変でしたー。
普通に冷凍して食べるのも好きでしばらくおやつはブルーベリーです。

次は栗拾い♪


IMG_20120725_182815.png

無料のチャーチのイベントにことごとく顔をだしている。
ここは私が英語を教えてもらっているチャーチで顔見知りもいる。
長女にはちょっと幼稚で途中でやめてしまった(ハハハ)
次女は午前中も別のところ(学校のような所)に行っていて夕方はここ。もちろん、間に習い事が入る。
友人たちと行ってるのでその流れで遊んだり、補習校の宿題を皆でやる勉強会をしたり、
仕舞にはご飯もみんなで食べたいと盛り上がり、ここ最近、晩ご飯まで楽しくワイワイ
過ごしている。長女もあの日本での塾生活はなんだったのかとまるで真逆な生活です(涙)。
でも、なんだか合宿みたいだね。
母たちもやっぱり異国の地で頑張っている子供達が楽しく過ごしてくれることを望んでいるので
ついつい言うことを聞いてしまうのです。
そして、母達も楽しいし、こんな夏を過ごすのも全然イイか。



2012-07-29 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

Schuler's

IMG_20120726_203808.png

誕生日のディナーは我が家から20分ほどのマーシャル地区にある『SCHULER'S』へ。
ここは主人が接待でよく使うレストランで老舗の名店らしいです。
主人が一度は家族を連れて行きたかったお店と言ってましたが実は私は2回目。
以前、友人に連れてきてもらったお店でした。キッシュとおつまみででるチップスが
美味しくてお持ち帰りしたほど・・・。
前回はランチメニューだったのでディナーはとても楽しみでした。
良いお店にはきちんとした装いのお客さんでいっぱいでした。
今日は食べまくる!宣言をしていたのでとことん口に入れてやる覚悟できましたよ(笑)

IMG_20120726_184843.png

こちらのマーシャル地区は歴史的に古い街並みで1800年代からの建物が建っています。
この街並観光もあるらしく馬車が道路に停まっていました。
この辺りの雰囲気、私は好きだなぁ。

IMG_20120726_200650.png

店内は高級ホテル内のレストラン前のような雰囲気。
バーとレストランとにわけてある。
落ち着いた暗い店内・・・
創業当時のままなのかな・・・ウェイターの制服とか。


IMG_20120726_190537.png

そう、これこれ♡
この細長いチップスをディップにつけて食べる。
お腹すかせてきたからついつまんでしまうがいつもメインが食べれなくなるので
学習して1こだけ・・・

IMG_20120726_191536.png

オードブルみたいなの。
主人がどれも美味しいからいつも頼むと言っていた。
からあげが美味しそうでとうとう手が伸びた!んーんま♡

IMG_20120726_194101.png

わたくしのメイン。
こちらのお勧めのリブステーキ♪最高に美味しいけど最高にでかい。
無理〜と言いながらも少し残した・・・
やわらかくてソースがかなり美味しい。
やっぱりアメリカンな食事がいいですな〜

IMG_20120726_200951.png

誕生日だと伝えてあったらサービスでデザートだしますだって。(食べれる?)
この大きすぎるチョコ玉(?)ケーキ。どろりんと温かいチョコレートソースが
かかってあって中はスポンジのなかにガム味みたいなミントアイスに底はオレオみたいな・・・(笑)
4人でつつくがほぼギブでした。
ノンシュガーのチーズケーキはいつも作る私のシュガー入りのチーズケーキと同じ味。
ほんとに食べた食べた!!
もちろん、アメリカ流にBOXいただいて残り物持ち帰りました。
肉はもう一度火を通して主人の弁当行きです。

IMG_20120726_205104.png

日没前の帰り道・・・
燃えるような夕日にうっとりしながら帰りました。

こうしてゆっくり食事を楽しむ誕生日、幸せでした。





2012-07-28 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

My Birth day

IMG_0862.png

今日は私の誕生日。

前日、主人の両親からと私の妹からプレゼントが届きました。
そして、FACE BOOKからも友達や弟からメッセージが・・・
これ以上歳をとりたくない半分、お祝いしてもらえると毎年楽しみ半分。

でも、今年はアメリカで迎える誕生日。
特別何もしないし、家族で夜ディナーに行くだけだけどきっと忘れられない
一日になるだろうなぁ。

さて、妹が私が一番欲しい物を贈ってくれた!
最愛の甥っ子の写真集♪
スマホにもだいぶふえてきた甥っ子の写真もたしてとっ♪
便利なスカイプで会うくらいだけどこれがなかったらアメリカ行きをやめたかもしれない。
家族や友人たちの元気な今の姿をみれるから離れていても大丈夫と言い聞かせたから。
甥っ子を抱っこできないのが悔やまれるんだけど・・・
来夏、一時帰国の時に泣かれないよう、スカイプ画面のおばちゃん頑張る!

IMG_0863.png

主人の両親からもどっさり頂いた。
リクエストさせてもらった抹茶缶。
なんと、大好きな京都二条の『一保堂茶舗』のもの♪
ここのいり番茶とグリーンティが大好き。
ここに抹茶があるとは知りませんでした。きっと高価なものだろうと思う。
贅沢にもお菓子作りに使うのだけど・・・
でも、腕が鳴るなぁ♪

IMG_0860.png

妹からは靴下やアームウォーマー。欲しかった必需品です!
紫外線、こんなにきついと思いませんでした。
子供たちが心配だけど日焼け止めが精一杯。
思いっきり、テニスやサッカーさせてるからいずれ自分たちでケアしてもらおう。
そして私は完全防備で車の送迎がんばります(笑)

毎日があっという間に過ぎていきます。
毎週木曜のゴミの日がすぐ来る!
充実してるってことだ・・・

皆様、ありがとうございます!



2012-07-27 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

no-title

IMG_0859.png

補習校にユニークな米人の用務員さんがいて(おじさん)、自宅ファームで野菜やグラジオラス
を育てているようだ。補習校の日はテーブルの上にたくさん収穫された野菜が置いてあって
持って帰っていいらしい。
ケールやピクルスのキュウリ、名前の知らない葉っぱからニンジン、じゃがいもなど。
花はグラジオラスが好きなんだって。いろんなカラーを育ててらっしゃる。
我が家はなんせ壁色がこの色なので白を選ぶようにしている。
花があると癒される。




IMG_0857.png

バジルも大量にあったのだけどあまり他の方がとらない様子・・・
最後まで残ってたから全部持って帰ってバジルペーストを作る。
久しぶりにバジルパスタ食べれる〜

2012-07-25 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

Summer Vacation

IMG_20120721_172237.png

補習校が日本と同じように夏休みに入りました。
私としては関係なく授業があったらいいのに・・・と思うのですけど
そういうわけにもいかないようです。
宿題がいっぱいでたと騒いでますがたいしたことない(笑)
最近、i podばかりさわってる娘達なので気持ちを切り替えて有意義に
後半は過ごしてほしいと思ってます。

休みと同時に日本に帰国される方も何人かいて、来て間もない私たちはいずれ
ここにいるほとんどの方を見送ることになるんだね。


一緒に肉を買いに行った方がバーベキューに誘ってくれました。
私たちにとってアメリカに来て初めてのバーベキューです。
おーっ♪分厚い肉だこと・・・。
ここ2、3日、急に過ごしやすい気温だったので外で過ごすのも心地良かった。
バーベキューに最適の肉の種類も教えてもらったし、我が家はまだバーベキューコンロ
がないので早く手に入れたい。
毎日してる人もいるみたい・・・。

IMG_20120721_170900.png

前日の肉センターで彼女だけがこのソーセージを買ったのですけどやっぱり
美味しかった。味付けがレギュラーとパインとチーズとビールを選んでいたかな。
こんなに太くて信じられない安さです。

早くコンロ欲しい〜

2012-07-23 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

MEAT!!!

IMG_0854.png

私達が住む街から北西へ30分ほど行ったところにRichlandという所があります。
ここも田舎だけどRichlandも何にもない田舎でした。
そこにあるMeat Centerは分厚いアメリカの肉を日本のようにスライスしてくれる
お店で日本人の間ではよく知られている店です。
たまに自分でスライスをトライしていますがやっぱり限界があって無理。
日本食材店へわざわざ1時間以上かけて行くのも面倒だし。
そしてこんな風に1lb(500g)ずつ小分けにしてくれて種類を明記してくれてと
とても親切。
注文したら3時間ほどかかるのでその間にお向かいのお店でランチして少し離れた
場所にあるアイスクリーム屋さんへGo♪のコースらしいです。
やっぱり日本人。薄切り肉は欠かせない。
他にも色々食材が置いてあり何種類もの味のあるソーセージも魅力でした。
友人は明日バーベキューするらしくソーセージ5本(25cmくらいの長さ)買って
ましたよ。
今晩はしゃぶしゃぶかな〜

IMG_0856.png

そしてたっぷり食べたアメ食後、Plainwellというところにあるアイスクリーム屋さんへ。
人気があるらしくお客さんが途切れることなくいました。
どれも美味しそうだったけど旬のフルーツを使ったブルーベリーアイスにしたら
コレが大ヒット。フレッシュで甘すぎずアイスクリームがあまり好きでない私も
美味しく食べれました。
もちろん、ジュニアサイズ。スモールサイズは無理そうだと思ったけどこんなに美味しかったら
食べれたねと思いました。
米人さんはもちろん、スモールのダブルとかサンデーとかパワフルオーダーしてましたよ。

Take outもできるとのこと。
補習校で頑張ってる合間に来てるのでお土産にストロベリーアイスを買って帰りました。
これ日本の小鍋くらいのサイズです、実は・・・。

もう、冷凍庫パンパンです(笑)

2012-07-21 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

detox

IMG_0850.png

これがleek(リーク)、ポロネギです。
イタリア食材では欠かせない存在。『REDD WOOD』のスープに入っていた・・・。
実はこちらでは普通に売っています。日本では下仁田ねぎなどで代用するとか・・・。
あの美味しかったスープを再現しようと頑張って作ってみました。
最初によくポロネギとタマネギを炒めるのが味を引き出すコツのようです。
ポロネギは輪切りにすると3cmほどのけっこうしっかりした大きさ。
こりゃ、美味しくなるわけだと納得です。
いつものポタージュ作りとレシピは同じようにしてみました。
あの店のように冷製スープにしてみました。やっぱりあの味にはならなかった
けど近いところまではいったかな。もう少しさらさらスープにしたら良かった。
バジルソースはなかったけどプチトマトとグレープシールドオイルを垂らしてみました。
黒胡椒はたっぷりと。(こちらの黒胡椒はあまりパンチがない)
娘達は美味しいと言ってくれました。
ま、いいか。

IMG_0853.png


低カロリーで利尿作用もあり、代謝をよくしてくれるのでデトックスとして
使われることが多いとか。
食べ過ぎた週末なんかに食べると効果ありかもです。
ま、我が家はleekスープに海老フライという組み合わせをして食べちゃいました。
意味ないか・・・。



2012-07-20 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

My fevorite

IMG_20120702_123034.png

サンフランシスコの旅で一番美味しかった『REDD WOOD』のフロントスペース
のインテリア。
ちょっとレストルームへ行くのにここを通されたのだけど思わず立ち止まってしまった。
好きな感じのインテリアです。
どっしりとした革張りのソファがあるだけで潔いほど締まって見える。
ちなみに宿泊者の部屋は

IMG_0542.png

こんな感じ。
周りはすべてぶどう畑・・・素朴な感じが良い。
ここに泊まって夕食は『REDD WOOD』なんて最高〜。

IMG_0635.png

外国はテーブルクロスをしているお家が多いように思う。
テーブルセッティングがきちんとしていて、どのお宅も客室が設けられてるし。
それだけ土地もあれば安いのもあるんでしょうけど・・・。

バークレーの中心街を散策中に見つけたテーブルクロス。
カリフォルニアに居てたというのもあって買ったことない色の組み合わせをセレクト。
白や透明なものばかりがそろそろ飽きたかな〜。
ここならではのインテリアを楽しむつもり・・・

IMG_0848.png

異例のミシガンの夏

こんな暑いのなかったと在住暦長い方は口を揃えて言う。
私も、涼しいミシガンを予想してたのでびっくりしている。
一番びっくりしてるのはきっとエアコン達。
どこの家もクーラーの効きが悪いようだけど家は特別効かない。
修理屋のマイクに来てもらうこと6度目。
いつになったら涼しくしてくれるんだろう・・・
毎回同じ言葉の繰り返しで先に進まない・・・。
さすがに今はもう笑える感じになってしまっている。

とりあえず、朝の日射しのきつい時間に朝食なのでテーブル移動してみた。
さえぎるものがないので朝の太陽がおもむろにダイニングに突き刺す。
あっづ〜

実は今も来てくれているのだけど直せないと思っておこう(笑)






2012-07-19 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

Everyone's Favorite City

IMG_0793.png

サンフランシスコのこの街並み
歩いてこそ味わい深い街並みに気づくことができる。
急勾配の坂もそこを走るケーブルカーも全てが大地震後再生された美しいサンフランシスコと
調和していて初めて訪れた私はすっかりこの街の魅力にはまりました。
サンフランシスコは決してハードなプランを立てて行動する場所ではない。
ゆっくり歩いてのんびりコースで雰囲気を味わうのが良いと思ったのでした。

IMG_0799.png

コイトタワーの展望台から360度の景色が見渡せる。
開口部の隙間にコインが投げ込まれていた。
私たちも同じようにone centコインを入れてみる。
『サンフランシスコありがとう!』 みたいに(笑)

IMG_0798.png

IMG_0795.png

IMG_0800.png

IMG_0720.png

色鮮やかな植物たちが生き生きと咲いていてシックな街並みと合う。
青空の下、とても素敵でした。

IMG_0719.png

なかには通りの街並み木がオリーブの木であったり・・・
オシャレです!

IMG_0762.png

カリフォルニアには素敵なカフェや珈琲が多く存在していて行ってみたかった
場所のひとつ。
一番行きたかったカフェはなんと一番治安の悪いところで断念。
内装が今ではグーグルで見れるので事前に見てたけどとーってもオシャレ。
だったのだけど・・・
で、ここも少しダウンタウンの外れにあり雰囲気悪いところにある
2001年に始めた『Blue Bottle Coffee Co.』は一番有名な珈琲店。
一気に名の知れた名店となったお店。

IMG_0766.png

IMG_0763.png

IMG_0765.png


雰囲気良いです。こじんまりしていて良い感じ。
青のボトルのマークが目印なので紙コップも雑貨も看板も全てブルーボトルマーク。
もちろん一杯づつドリップされてでてくる珈琲。
店内は珈琲好きなオシャレな人で賑わっていました。
私はカフェラテを注文し、普通に美味しかったのですけど主人は京都スタイルアイスコーヒー
みたいなメニューがあってそれを頼んだらびっくりするほどまずかった(笑)
普通にドリップ珈琲にすりゃ良かったのに・・・(ハハハ)


あっという間の5日間。
周りではもう冬の旅行の予約をしている人も・・・
アメリカに住まないときっと行くことなかった『San Francisco』
サンフランシスコの街並みを歩いたことは一生の思い出です。

最後に横バージョン

IMG_0510.png

IMG_0636.png
















2012-07-17 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

Independence Day celebrations

ishot-153-250x2382.png
『写真は地元ページより拝借してます』

ちょうど、一日ゆっくりできる最終日は7月4日ジュライフォース(july 4th)
アメリカの独立記念日。
サンフランシスコはもちろん、アメリカ中、お祭り騒ぎ。
プランにベイエリアからフェリーに乗って花火を観るツアーに申し込んでいました。
海上でゴールデンゲートブリッジのライトアップなども同様に打ち上げ花火を楽しめる♪
旅のフィニッシュにふさわしいビッグイベントです。
夕方辺りからベイエリアでは派手な格好のパフォーマーがパフォーマンスしていて
どこから来たのかたくさんの人、人、人!
皆、あちこちから打ち上げ花火を楽しむようで街中大騒ぎ。
普段、落ち着いた街も今夜は違うんだとここで気づく・・・

image-1.png

少し早めにフェリー乗り場に着く。
良いポジションをとるためであろう、もうすでに長い列ができていた。
私たちも最後尾に並ぶが『寒ーーーーい』
直前、あまりの寒さに靴下も購入した私たち。ノースフェースで分厚いコート
買っててほんと良かった。
でも冷たい強風で寒くて寒くて震える私たちの横をキャミソールに短パン姿の米人さん通る(笑)

IMG_0806.png


さぁ、鼻水でてきた私たちの乗るフェリーはコレ。
乗りまーす。室内に〜。(寒くて室内の場所確保)
打ち上げ花火が始まるまでアルカトラズ島やゴールデンゲートブリッジ、サンフランシスコ
の街並みを小回りで案内してくれた。
強風が突き刺さる外で景色を眺める半袖姿の米人さん達多数・・・

IMG_0808.png


ここはサンフランシスコ観光人気ナンバー1の『アルカトラズ島』
フィッシャーマンズワーフの沖3kmの所に浮かぶ断崖絶壁の小さな島。
1934年から1963年まで連邦刑務所として使用された。
1576人の囚人たちが収監された。
沖から3kmというだけあって脱獄をはかった者もいるという。
島を取り巻く冷たい海流のためいろんな説があるようだ。
その後、市がここを観光開発をはじめる。
刑務所(セルハウス)や独房、収監された有名囚人の展示、灯台、刑務所長邸などが
残されていてこれらを見学するツアーがある。
ちなみに映画『アルカトラズからの脱出』クリント・イーストウッド主演があります。

申し込みしたのだけどいっぱいで行けなかったのです。
長女はすごく行きたかったようでがっくり。

IMG_0820.png

ゴールデンゲートブリッジの下もくぐりまーす。
下から見るのも格別。

IMG_0817.png


この波の荒さ・・・
船酔いはしませんでしたが弱い人は絶対無理。
どんどんサンセットが近づきライトアップが始まります。

image.png

本当に素敵な眺めでした。
花火がはじまると、皆デッキにでて歓声です♪
あまりにもフェリーが揺れるので頑張ってカメラ撮影するものの失敗の連続です。
真上に上がった打ち上げ花火を海の上から見るなんて最高でした。
こぼれんばかりの数々の花火を目に焼き付けておこうと思いました。

その後、フェリーが沖に到着した時間は夜の10時頃。
すっかり恐い雰囲気となっていたベイエリア周辺。花火終了と同時に
たくさんの観光客が一気に帰ろうとするので街中大騒ぎでパニックになっていた。
ホテルに戻る手段をすっかり考えてなかった私たち(汗)。
車がクラクションならしあってたり、爆竹してまだ盛り上がる人、大勢の人に
巻き込まれてちょっと恐かった。まだ子連れの人がたくさんいたから良かったけど
結局、乗り物不可が判明したので歩いてホテルに戻ることを決めた私たち。
あの坂道を1時間かけて歩いて帰りましたワ。
途中、公園で打ち上げ花火あげる人、爆竹、酔っぱらいなどがあちこちにいたけど
ビビリながら足早に歩いてなんとか無事にホテルに到着。
まだまだ花火の音があちこちで聞こえます。
一気に疲れましたが本当に良い思い出となりました。

サンフランシスコの美しい街並みをプラプラ歩いて見つけた何気ない綺麗な場所。
は続く・・・













2012-07-16 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

walking of San Francisco

IMG_0694.png

サンフランシスコは夏は涼しく、冬は暖かいのです。
そして象徴ともいえる霧は朝夕あります。
特に夏場は雨はほとんど降らないので傘などの心配がいりません。
涼しいとは聞いていたけど涼しいは通りこえている・・・
こうしてお日様がでている場所はほんとに心地良く快適なのですけど
ちょっと日陰に入るとカーディガンがいるのでぬいだり着たり忙しい。

IMG_0708.png

ここはフェリービルディング・マーケットプライス。
外側ではファーマーズマーケットをしている。

IMG_0697.png

ベイエリアの農場やベーカリーが集結しオーガニック野菜や大人気店の出店が
並んでいる。人気スポットなのでのぞいてみることに・・・
野菜はさすがに買えないのですが雰囲気を味わえた。

IMG_0701.png

屋内はこんな感じ。期待せず行ったのだけど意外に好みな店が多く楽しめた!
結構ここに人気店が集まっているのでわざわざ本店まで行かなくともここで
一度に見れる。人気カフェも気になってた店が2店舗も入っていたし。

IMG_0705.png

オリーブオイルも有名。試食スペースもあった。
豊富な種類を見ているだけで楽しい。

IMG_0704.png

こんなかわいいお菓子やさんも。娘二人マカロン発見。
ダロワイヨより美味しくないよ、きっと。と言いながらもマカロン好きなので
買ってみる。美味しかったワ♪

IMG_0706.png

おーぅ、カッコいい。

IMG_0729.png

次はまた街をぷーらぷら。(世界の朝ごはんっぽく)
上手に運転するサンフランシスカン。

IMG_0679.png

サンフランシスコの定番土産『ギラデリスクエア』へ。
今じゃアメリカ中のスーパーにあるのだけどやっぱり本場で買うのがいいかと
入ってみる。入り口で新作を試食♪
もちろんスーパーにない種類や包装がたくさんあってカフェもあって楽しめた。
新作は塩キャラメル。いろんな味がミックスして大袋になったのがあったので
お土産に買いました。

IMG_0686.png

IMG_0689.png

歩いていると西海岸で有名なIn-Out-Buger発見。
誰かのブログにここを去るとき最後にどうしても食べたいからと行ったお店が
ここだったのでそんなに美味しいのかと気になり入ってみた・・・
肉の厚みがすごい!注文を受けてから作るみたい。パン生地が美味しかった。
揚げたてのポテトも大きくて美味しい!人もいっぱいでしたよ。

IMG_0721.png

結局、寒さに耐えれず、『North Face』で厚手の服を買う。
ほんとはバークレー生まれだから(工場直営店のアウトレットもバークレーだし)そこで
買いたかったのだけどすっかり忘れていてわざわざ高いところで(涙)
でもやっぱり日本よりはるか安いしま、いいか・・・となりました。
街を歩くと結構みんなノースフェイスを着ている。
日本でいうユニクロ感覚かな(笑)あ、ユニクロありました。すごいね、ユニクロ。

IMG_0698.png

見所満載のサンフランシスコ。充実したプランで時間を有効に使えてほんとに満喫
できました。あとラスト・・・もう少し街をプラプラしたのと夜のビッグイベントが
あります。


(続く)











2012-07-15 : 未分類 : コメント : 1 : トラックバック : 0 :

San Francisco's Cable Cars

IMG_0662.png

サンフランシスコの朝はひんやり。荷物になるけど長袖薄いのと厚いのと常備。
3日目は朝一番にレンタカーを返し、すべてケーブルカーか路線バスなどを使って
移動することにした。
言わずと知れた坂道の多い都市サンフランシスコ。
ケーブルカーは一番有名だけど他にもミュニバスやミュニメトロなど移動手段が
たくさんある。
乗り場らしい場所もあるが街灯に『BUS STOP』と貼ってあることも・・・
そんなに広くない道路に路線を通る乗り物と車と自転車が上手い具合に行き交うのです。

ケーブルカーが登場する前は馬車だったようです。
寒い冬に足を滑らせた馬が何頭も命を落としたのを心痛めていたイギリスの設計士が
坂でも安全に上がれるシステムを考えてこれができたらしい。
1906年のサンフランシスコ大地震で路線が破壊されたようだけど少しの地元の方や
フランクリン・ルーズベルト大統領の奥様が救済キャンペーンをし残すための活動を
行なったようです。その後、台数は減ったけどケーブルカーの保護が決定し1964年
にはアメリカ発の動く固定歴史記念物に指定された。

いまではサンフランシスコと言えばケーブルカーですからね。
ケーブルカーがあってこそのサンフランシスコ。
来たからには絶対乗らねば!
ということで

IMG_0652.png

発着所へ向かってパスポートを購入。3日間乗り放題になっていて便利。
ここは観光スポットで、手動で(2人の大きな体格のおじさんが押す)方向転換する場所。
ここからスタートするのでここから乗るのが乗りやすい。
意外と観光シーズンだけあって途中の乗車がなかなかできなかった・・・
何分待ったことか・・・

IMG_0693.png

IMG_0695.png


美しい街並みに路線バスやケーブルカーが魅力のサンフランシスコ。
どこをとっても絵になる景色・・・
一眼レフ買ってて良かったと改めて自分を褒める(笑)

IMG_0710.png
こんなのや、

IMG_0759.png
こんなん、

IMG_0691.png
こんなのもあったよ。


IMG_0670.png
これはただの観光バスでした(汗)
上がオープンになっていてすわっている人多数・・・
主人がこんな寒いのによく乗るなぁ・・・と感心(?)してた。

IMG_0739.png

名物、ステップ乗車!
私も一度挑戦してみた。結構スピードが速くて子供は無理・・・
だって、ぎりぎりに横から車がハイスピードで通るし。

IMG_0664.png

こんな急勾配でも満員乗客でもケーブルカーならへっちゃらです♪
かなり急勾配だと『woo〜w』と歓声があがることも。
車では見にくかったサンフランシスコの街並みをしっかり目に焼き付けることが
できました〜

IMG_0666.png

とちゅう、ここも観光名所である『ロンバートストリート』を通り過ぎる。
ここはサンフランシスコのなかで一番急勾配&Z字状の急カーブのくねくね道になっていて
車で挑戦する人や脇を歩く人で賑わっている。
車好きな人はわざとスピードだして挑戦するようだけどレンタカーで事故ったら危険なので
ここはスルー。
でも道沿いに緑や花が植えられていて、目線の先がずーーっと下がる道がはてしなく続いて
いるので見応え充分です。


サンフランシスコ市内のプランは特に考えてなかったので気の向くままにのんびり移動
して過ごしました。
こういうのもいい。
写真はないけどこの日の夕食チャイナタウン内の中華料理屋さんが最高に旨かった!
大人気らしく1時間以上待った・・・
でも味は最高級!
連泊しているホテルの近くがアメリカ最大級の規模を誇るチャイナタウンなのです。
これだけ満足した中華は日本でもそうないと思う。


あー、そしてとうとう4日目は最後のいちにち。

















2012-07-14 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

DEAN&DELUCA

IMG_0578.png
『DEAN&DELUCA』にて


IMG_0585.png

私がまだ日本で渡米する準備をしていた頃、主人が出張でロスに行くというのを聞いて
何か好みのお店がないか調べたらDEAN&DELUCAがあるじゃありませんか!
しかもサンフランシスコまで車で移動するとのこと・・・
ということでDEAN&DELUCAで色々買ってきてもらったことがありました。
日本では惣菜くらいしか買ったことない店だったけどアメリカのお店だったし
急に興味でてきた1店舗。その時寄ってくれた店というのがこのナパにあったんだなぁ♪

DEAN&DELUCAのオーナーがワイン好きということでここにも店舗を構えたらしい。
だから店内の半分くらいはワインコーナーになっている。
こんなところでテイスティングもできるようになっていました。

IMG_0576.png

IMG_0577.png

ワインもこちらで購入。各ワイナリーのワインが置いてあったのでカエルマークが目印の
『Frog's Leap』のもの。絵柄がかわいいし、オーガニックワインですから・・・

IMG_0574.png

容器がかわいい、陳列もかわいい。ショップの見所たくさんありましたがそう
たくさんシャッター押せない(汗)

IMG_0575.png

こういうのかわいい。いろんな種類のオリーブが入ってる。
ワインに合うもんね。

IMG_0586.png

もちろん、店をでたら一面、ぶどう畑で見晴らしがいい。
ナパはお天気もカラッと晴れていて暑かった。
ほんとにワイン好きならたまらないコースだろうなと思う。
でも、無知な私たちでもこうして楽しめる・・・心地良い場所でした。



そしてとうとうサンフランシスコ市内へ戻ります。
途中、またサウサリートを通り、ゴールデンゲートブリッジを通ります。

IMG_0625.png

サンセットの時・・・
ゴールデンゲートブリッジときらきらの海が最高でした。

IMG_0616.png

そしてサンフランシスコ湾を一望できるフィッシャーマンズワーフ方面へ夕食♪
ここはイタリア人漁師の船着場として栄えた港町。
ここではもちろん、シーフードを堪能できる超観光スポット。
『Scoma's』というお店はクラブケーキやクラムチャウダーが有名かな。

IMG_0612.png

クラムチャウダーを。今回はブレッドなしでうつわでお願いしました。
とーっても美味し♪

IMG_0613.png

私はやっぱりボンゴレでしょ。貝たーっくさん。

IMG_0614.png

海老フライ?だったかな。
海の幸がイタリア風で味わえる。

IMG_0615.png

ここでビール飲んでのんびりサンフランシスコ湾を眺めている人が大勢いました。
大人だけだったらそういうこともできたんだけど・・・
早くホテルに帰ろうとうるさい小娘が約一名・・・

IMG_0619.png

駐車場まで少し歩く。
寒い!この辺りは朝、夕とびっくりするほど寒いのです。周りは皆厚手の長袖
着ています。さっきまであんなに暑かったのに・・・

***カモメは本物ですよ***

3日目からはやっとサンフランシスコ市内を観光致します!
















2012-07-13 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

TRAVELS 『NAPA VALLEY』

IMG_0572.png

サウサリートを満喫後、そこから1時間ほど走ったところに全米1のワインカントリーを
誇るナパバレーへ訪れた。
400以上のワイナリーがあり、好みのワインのワイナリーを巡るツアーやトレインなど
がある観光名所です。
実は夫婦二人、ワインには全く興味無し・・・。でもこういうところに来ると不思議と
雰囲気を味わいたくなるのです。

IMG_0560.png

どこもかしこもぶどう畑。広大な土地にいくらでも植えれるよ〜と言わんばかりのぶどう畑。

IMG_0541.png

といきなり、やっぱりまずはお昼休憩。
ここナパの少し北にあるYountvilleにある『REDD WOOD』というお店。
実は今回、サンフランシスコ旅行でナンバー1だった超美味しいお店でした!
いろんな情報のなか、頭痛がするほど(笑)調べた甲斐あった・・・。
まずは到着してお店の可愛かったこと。ホテルが併設されててここで泊まりたいっ!
と思わず叫んでしまったほど。

IMG_0556.png

IMG_0558.png

イタリアの田舎町の雰囲気で温かいイメージの建物。
店員さんの格好もオシャレだった。ピシッとカッターシャツにGパンにダンスクのサボがオシャレ。
気持ちよい青空の下、テラス席で・・・

IMG_0543.png

いきなりこれです(笑)ウォーターボトルがオシャレすぎる。

IMG_0545.png

私はナパのワインを頂きました。甘すぎずさらりとした口あたりで飲みやすく美味しかった。
昼間っから贅沢だ。

IMG_0548.png

私がオーダーしたのはコレ。
『chilled corn soup,basil pesto』という冷製スウプなのだけどこれが最強だった。
美味しすぎてレシピを教えてもらった。店員さんが書いてくれたのは
『cream,leeks,onion』んー、たぶん作れそうにないな(笑)ちなみにleekはこちらのポロねぎ。
そして今回の旅で2度も更新してしまった

IMG_0549.png

マルゲリータピッツァ♪ これはびっくりしたほど美味しい。
次女がペロリ。ここは100%お勧めのお店。

IMG_0559.png

すっかり美食レストラン『REDD WOOD』の魅力にとりつかれた私たち。
主人は夜もここにする?とな。
さすがに断念しましたがちょっと考えたくらい。
食後、付近を散歩しましたが可愛い建物がぽちぽち建っていてのどかで良いところです。

さぁさ、ナパバレーへ向かうと向こうからやってきた!

IMG_0561.png

ワイントレインです。『世界の車窓から』溝口肇のあの曲が流れる〜
ワインを楽しんだり、カリフォルニア料理を楽しんだり、もちろん車窓からの眺めも
ごちそうだろうな〜。
ここあたりに入ると右も左もワイナリーがそれはそれは豪華なエントランス。
いくつもあるから我が家は2件だけ入りました。
ワインのテイスティングなどもしてるけどお金が発生するので雰囲気を味わうのみでも
十分です。
セレクトしたワイナリーは

IMG_0564.png

カリストーガというところにある『シャトー・モンテレナ・ワイナリー』
セントヘレナの山の麓にあるので一番北側にある位置。
ご存知、シャルドネのワインです。味が分かれば記念にテイスティングしたのだけど・・・
素敵な建物でした。

IMG_0565.png

近くにこんな建物。こんな外観の家に住みたい。

IMG_0589.png

お次はラザフォードにあるオーガニックワインが有名な『ルビコン・エステイト』
映画『ゴットファーザー』の撮影に使われたとか・・・
ここはなかに入れそうな雰囲気だったので入ってみることに。
このワイナリーの代表者だったフランシス・コッポラのことなども展示されていました。

IMG_0601.png

IMG_0588.png

ここにも、

IMG_0591.png

一面、美しいぶどう畑〜

IMG_0603.png

そして映画の赤い絨毯!

IMG_0605.png

ワインを熟成させる樽小屋(っていうのかな?)。
ここはショップも併設されてありました。売ってるものが高い!
ヘレンカミンスキーの帽子もいっぱい置いてあった。

ワインの知識がなくても十分楽しめた場所だった。
なんせ、気持ちいい!一面に広がるぶどう畑の道をドライブしたりするだけでも
心地良い。

深呼吸してー、壮大な景色と美味しいカリフォルニアワイン♪に舌つづみを打つ・・・




























2012-07-12 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

TRAVELS 『SAUSALITO』

IMG_0517.png

2日目はベイエリアの街『サウサリート』とナパバレーへ行くことに。
ここ、サウサリートはゴールデンゲートブリッジを通ってすぐの位置。
ヨットハーバーにはたくさんのカラフルなヨットが並び街をプラプラするのに
もってこいな小さな街。
市内はこうして霧が掛かって赤いゴールデンゲートブリッジがほんのり浮かび
あがっている。サンフランシスコといえばこの景色が有名なのです。

でも、ゴールデンゲートブリッジをぬけると、なんとほら、

IMG_0621.png


晴天!!

ここの景色に魅せられた芸術家達が多く住みついているらしい。
わかるなぁ・・・
夕暮れ時の対岸サンフランシスコの景色も美しいのです。

IMG_0528.png



オシャレで個性的な家が丘陵地帯に建ってあり、こうして一度に見える。


IMG_0523.png

IMG_0522.png

IMG_0524.png

IMG_0537.png

洗練されたお店もたくさん。のんびり過ごす場所・・・
まずはヨットハーバーのある辺りの海岸沿いを歩く。
ゆーっくりゆーっくり。
海上住宅やボートハウスがあり良い雰囲気だしてます。
ちなみに海上住宅が多い理由は海に突き出した家は税金がかからないんだって。
ジョギングする人、犬の散歩する人、サイクリングの旅行客とたくさんすれ違う。
そしてこの恵まれた青空〜
ほんと、歩いていてとても気持ち良かったです。

IMG_0538.png

ひとつ行きたい店があったので車で向かう。少し離れた場所にあるヒース・セラミックス。
サウサリートに工房があるというので工房見学はしなかったけどファクトリーストアを拝見。
有名なレストランでもここのうつわが使われてるようです。
ずっと珈琲カップがほしくて探していたのでちょうど良いのを発見。

IMG_0633.png

潔いほどシンプルで軽く2杯分くらい入りそうな大きさのもの。
色もキレイ。
もっと揃えたかったけど(笑)荷物になるので断念。

サウサリートコースはすっかり満喫してそして向かうは・・

カリフォルニアワインのナパバレー♪









2012-07-11 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

a steep slope!

IMG_0714.png

サンフランシスコといえばこの急勾配な坂道。

実物を見るとほんとにすごい。ここで生活している人がいるんだと
思うとよくぞ、決心した・・・と思ってしまうほど・・・。
建物もこんな感じに・・・。
徒歩でもなんとかいけるけど1ブロック歩いただけですぐに息切れです。

そのためにケーブルカーがあるのだけど統一された素敵な街並みをゆっくり
見て歩きまわりたかったのでたまには歩いてみたりもしました。

IMG_0718.png

歩いたら歩いたぶんだけ魅了される街並み・・・

IMG_0727.png

遠くの道が見える。道路が剥がれ上がってきてるみたいに見える。

IMG_0730.png

上手に縦列駐車してるけど更に勾配があると・・・

IMG_0741.png

こっち向けでないと危ないのです。ノブヒルあたりの小高い丘の上はこんな感じに
駐車されてました。

IMG_0734.png

ここからずずーんと下ります。目線では前がみえない。
レンタカーがちょっとした絶叫マシーンに早変わり。
サンフランシスコでレンタカー借りる際は良いグレードの車種をセレクトされるのを
オススメします(笑)

IMG_0737.png

娘達もがんばって歩いてますよ。ヒールのついたサンダルは失敗だった・・・

IMG_0778.png

これ?

IMG_0513.png

これか?

IMG_0632.png

どこのブロックが一番急勾配なのか気になる。
写真の画としてはおもしろい風景。

IMG_0801.png

IMG_0715.png


サンフランシスコらしい街並み・・・一挙公開♪
美しいビクトリアンハイツ、ケーブルカー、路線、ヨットハーバー、
カモメ・・・坂道がどうとかでなくこの美しさに惹かれてここに居るんだなーと
思いました。










2012-07-10 : 未分類 : コメント : 1 : トラックバック : 0 :

a super view

IMG_20120702_200931.png

西海岸を代表する都市、San Francisco。
はりきりまして・・・
ノブヒルという小高い丘にある高級ホテル『Fairmont』に贅沢にも宿泊
致しました。
加えて、21階の最高の景色が一望できるお部屋をお願いしてまして・・・。
太平洋もサンフランシスコ湾も眺めることができたのです。

感動・・・

IMG_0745.png

ひと際、目立つエントランス側の外観。

IMG_0486.png

ゴージャスのひとこと。
アメリカはこういった感じの内装が多い。

IMG_0479.png

贅沢な角部屋。
日中はほぼ外出だけど日没が遅いからグラデーションで見られる眺めが最高です。

IMG_0646.png

そして・・・

IMG_0511.png

言葉はいらない・・・

ナパで購入したワインを片手にいつまでもこの夜景を・・・


IMG_0506.png

IMG_0500.png


さて、一日目の夕食はマリーナにある『Greens』へ。
ゴールデンゲートブリッジを眺めながらの食事。
店名のように旬のオーガニック野菜をふんだんに使った女性シェフの料理です。
近くのヨットハーバーにアシカやアザラシが普通に泳いでました。
もちろん、カモメもたくさん。

IMG_0501.png

こうして窓際の席に・・・。だいたい予約して行ってるので良い場所をとっていて
もらえる。ドレスコードはない店だったけど綺麗なドレス着たカップルもいて
良い雰囲気のお店でした。

IMG_0503.png

IMG_0507.png

シーフードも魅力のサンフランシスコ。
一番感動だったのがパスタの美味しさ!これはミシガンにはない話です(涙)
どの店も店内からの眺めを意識してるようで大きな窓があって眺めも抜群。
考えられた設計です。なので料理の味もさらに引き立つわけです。

どこもかしこもいちいち絶景スポット(笑)
さすが、全米で一番美しい街です。
表情豊かな街並にもうすでに魅了されています。









2012-07-08 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

TRAVELS 『BERKELEY』

IMG_20120701_114818.png

朝の5時に出発し、デトロイト空港へ向かいました。
そして、DELTAの飛行機に乗りいざ、San Franciscoへ5時間の空の旅。

IMG_0450.png

あっという間にSan Francisco到着。着いたら曇りでちょっと肌寒い・・・
レンタカーに乗り目的の場所『Berkley』へ向かいます。
いきなりサンフランシスコの対岸イーストベイへ(笑)。

カリフォルニア大学本校のUCバークレー校があり、若者で活気あふれている街。
バークレーは環境問題に対する意識がかなり高く、大学ももちろんその専門分野が
あり、全米で最も革新的な街。
それに、オーガニック食のこだわりも期待でき、カリフォルニア料理を生んだグルメタウンとして
知られているのです。
もちろん、そこの『食』を味わうために♪

IMG_0459.png

まずはveganを取り入れた新鮮な食材を使ったお店『Gather』へ。
店内もオシャレで期待以上のランチを食べれました。

IMG_0453.png

IMG_0451.png

いきなりオシャレなボトルに炭酸入りウォーターとウォーター。
メニューの内容も期待通り♪

IMG_0452.png

ケールサラダ♪

IMG_0455.png

ピザ♪
いままで食べたピザでここが最高の味・・・を更新しました(笑)

IMG_0456.png

IMG_0457.png

これらもすべて最高の味。
がんばって探した甲斐ありましたよ。
食にこだわるバークレーのなかでもかなりの評判の店で超人気の店。
良いスタートきれて大満足。

IMG_0466.png

流行の発信地4th ストリートをぷらぷら散策。
バークレーのメインストリートやちょっと裏手の通りにも・・・

IMG_0464.png

『Erica Tanov』は行きたかったお店だったのでチェック。
やっぱり好きなものだらけ(笑)
 
IMG_0460.png

ここも行きたかった手づくりジャムの有名店ジューン・テイラーの店『Still Room』だったけど
本日休みとは残念。
でも、お店の外観がかわいいから写真は撮っておきました。
ここの裏通りは実に好きな古い感じの殺風景な場所。

IMG_0468.png

こちらのお店もオシャレ。レジカウンターの壁のディスプレイはセンスある。
我が家の壁もこんな感じにしたいのだけど・・・

旅のはじまりはまずベイエリアのサンフランシスコ市外の街から・・・
一日目はオシャレな学生街、そしてオーガニック食にこだわりのある街バークレーより。
























2012-07-07 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

Guide map

IMG_0443.png

明日からサンフランシスコ旅行です!

行きたい所はたくさんある。
アメリカならではの壮大な大自然も見てみたいし、洗練された大都会も見てみたい。
アメリカに住んでる間にいろんな場所を見て『地球の歩き方』がたまってきたら
嬉しいな(笑)

なぜサンフランシスコ?なのですけどずっと前から良いイメージしかなくて・・・。
母世代の方なんてアメリカだったらきっと『サンフランシスコ』が一番と思うでしょう。
私世代はロス、今の若者はニューヨークでしょう。

なんとなく一番にでてきた『サンフランシスコ』。
イメージはこじんまりしてるけど古き良き時代からの伝統を今でも大切にし、流行に
とらわれず、街並みが綺麗で落ち着いた場所。

本屋で素敵なガイドブック発見!
Map Easyシリーズオススメです。ラフスケッチがかわいい。
表紙がこれまたかわいいのです。これは集めがいがある。
家庭教師のSandyは『カラフルな街よ、I love SanFrancisco.』と言ってました。
どんなとこかな〜


ではでは行ってきまーす!


2012-07-01 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム

プロフィール

furatto  Sachi

Author:furatto Sachi
ようこそ!furattoです。

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。